パワーストーン ☆ がねいし 【オーダーメイド・ブレス】
オーダーブレス☆天然石 ときどき スピGOODS&パワースポット&犬
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カットが映える石、そうでない石… その①
そろそろ、石の仕入れをしようかと思っています


仕入れといえば…オーソドックスな丸玉ビーズを購入する際、

 「この石はカット石にするか、カットの入らない丸玉にするか」
 「カットにするなら、どのくらいのカットが一番きれいにみえるか」

…といったことに毎回悩みます(^^;)

なぜならカットが入った方がキレイ に見える石と、丸玉のままの方が美しい石があるからです


まずカット石にするかどうか について。

丸玉の天然石に限って言いますと、粒が高価な石でカットを施された石は現時点ではあまりないようです。
それは、カットを施さなくてもそのまま見事に美しいということもあるのですが、そもそもカットしてしまうこと自体がもったいない、ということもあるのかもしれません…(^^;)

そんな感じですので、ラリマーやスギライトの立体彫りやカット面の多い石はあまり見かけませんし、含有物が見もののファントムやガーデンは当然というか…問題外のような気もします(^^;)

制作側として悩むのはオーソドックスな石たち…それもあまり使う頻度が高くなさそうな石の場合です。
こういう石の場合、サイズや大きさも全部1種類の石のみを(連の粒がなくなるまで)ずっと使っていく可能性がありますので、どんなデザインのブレスに使っても平均的に美しく見えるのはどのサイズでどんな形(カット)だろう…と考えるのです。

現時点での感覚で言いますと
それ自体の色が他の高価な石たちに比べると、
「見ていて特に目に自然と気持ちいいという程でもないなぁ…
という石や、
もともと透明感のある石で、カットすることにより更にキラキラ度が増す石
…を選ぶことが過去、多かったような気がします。
逆に、その石自体の色がきれいな場合は丸玉の方がいいかも…

特に水晶やホワイトアクアオーラのキラキラカットはブレスの明るいアクセントとなります
また、丸玉からのカットではないのですが、水晶を平べったいボタンにしたような、ボタンカットタイプは厚さが薄いながらもキラキラ度 が高く、かつ存在感もあるので、ブレスのアクセントとして重宝します

次に、カットにするなら、どのくらいのカットが一番きれいにみえるかについては、次回に続きます


         
 ぽちっとよろしく
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ganeisi.blog133.fc2.com/tb.php/623-7fbc9026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

★レイキ ティーチャー           ★オラクルカードセラピー ・ プラクティショナー

がねいし

Author:がねいし
ブレス製作のサポーターのお一人である象頭の神ガネーシャ様と、大好きな天然石ののMIXが名前の由来です♪

★エネルギーワークを使ってパワーストーンブレスを製作致します。    今とちょっと先の未来を見据えた、あなただけのオリジナルブレスをいかがでしょうか★  【現在はお休み中】

         ☆ ☆ ☆
◆ブレスレット作成話◆石達との日々
◆身近な生き物(犬&ときどき人間)
◆スピ的モノやスピ的場所の紹介
       などなど…
~~~~~~~~~~~~~~
『パワーストーン☆がねいし』では、ネットショップに対し、普通の店頭販売のお店をリアルショップと表現することがあります。



カテゴリ



最新コメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

↑メールフォームは文字数が限られていますので、次回のお返事はメールアドレスの方へいたします。記載をよろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



現在の閲覧者数:



★かりうど(兄弟)ブログ【レイキ使い☆ももんが】



☆著作権について☆

『パワーストーン☆がねいし』におけるWebページ・ショップ・ブログ等で掲載する画像、デザイン、内容など、全ての著作権・創作物は作品の著者に帰属します。 権利者に許可なく、複製・公開・展示・頒布・譲渡・貸与・翻訳・転載・無断引用・変造などの二次利用はお断りします。



月別アーカイブ



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。