パワーストーン ☆ がねいし 【オーダーメイド・ブレス】
オーダーブレス☆天然石 ときどき スピGOODS&パワースポット&犬
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレスがいきなり切れる意味
願いを込めたり、お守りになってくれるブレスは身につけているとしっくりきて、体の一部というか自分の分身のように馴染んできますよね

そんな愛着のあるブレスがいきなり切れると、結構ビックリされる方も多いようです。
かくいう私も初めて切れた時は、切れた事もさることながら、その原因をかんぐってドキッとしたものでした。

私の場合ですと、5年ほど前までは約2年の間に2本のブレスがそれぞれ1回だけ切れたことがありました。
どちらもメンテからそれほど日もたっていませんでしたので、
「えっ
と驚いたのをよく覚えています。
それから現在に至っては今の所、皆無事です(^^)

基本的にブレスって(身に着ける時のクセなどで)ゴムの伸びの速さに個人差はどうしてもあるようですが、そう簡単に切れるものではないようにも思います。
私は同じものをずっと毎日つけるのではなく、その日の気分で決めていましたので、1本だけを酷使していなかったということもあるかとは思いますが…
それでもその中のブレスの1本は、ちょうどゴムの入れ替えをしてまだ2週間もたっていない時期に突然切れたのでした。

外出先から帰宅し、玄関先で鍵を出そうとした瞬間、待っていたかようにハラリと解けたので、ゴムの結びがゆるかったのかと確認したのですが、2重にしていたゴムの結び目では明らかにない部分が切れていました。

もう1本の場合は、もう少し派手でした。
ゴム製でなく、ビーズ手芸に使うテグスで編んだちょっと変わったブレスだったのですが、着替えをしようとはずそうとした途端、
「ばちん!
と大きな音を立てて留め金部分からぶっ飛んだのでした。

幸いにも、どちらも切れた場所が街中ではなかったので組んだ石は一つの紛失もなく発見できたのですが、逆にもし紛失したとしても、それはそれ、紛失した石はお役目が終わったとか今の持ち主に必要がなくなった石なのかもしれません…

さて、ブレスが切れる原因というか意味についてですが。
単純にブレスを組んでいるゴムがバテている場合も当然あります。
しかし、私のブレスのようにそれは考えにくい場合もあります。

…よくお守りブレスが身代わりになって切れたという話を聞きます。

過去に親戚が交通事故に遭ったのですが、奇跡的に軽症ですみ代わりに腕にしていたブレスがいつの間にか切れていた…という話を聞いたことがあります。
そのように悪いことに対する身がわりを引き受けて切れたと意味付けされることもあるようです。

確かに、そういう事もあるとは思います。
ただ、私の2本のブレスが切れたのは時期的に立て続けではあったものの、その前後に身代わりになるような危険なことは(自覚する範中では)特にありませんでしたので、ずっと不思議に思っていました。
それで、ある時、そのことについて知人に話てみました。

その人は牛の脱走防止用の鉄線に子供のころ感電し(…なんか、すごいです牛の脱走防止鉄線なるものがあるのをその時、初めて知りました)霊感が開花したという変わり種の占い師さんだったのですが、
「悪い出来事からの圧力によって切れるというより、むしろ人間の想念の力で切れるのではないか…」
といってました。

人間の想念…それは気の強いクセのある人のそばにいると、その気の強いエネルギーからブレスの持ち主をセーブするかのように切れるということもありえるけれども、むしろ、その想念の発信源は持ち主本人であることの方が多いのではないか…ということでした。

持ち主が何らかの人間関係や出来事に対して突発的もしくは継続的に貯めてしまったある種の気持ちのエネルギーが、
「きぃーっ
とMAXになった時、持ち主の神経の代わりにブレスがブチ切れてくれるのだ…とまぁ、そんなところでしょうか…

そう考えると私のブレスが切れたのもすごく納得がいきました。
当時、とりあえずやれる限りのことはやったものの状況が一向に好転せずショッカーバリに、
「キィーッ
となりそうなことがあったからです(^^;)

すると交通事故の時切れたという親戚の話も、事故による心的ショックのエネルギーを、ブレスがクッション代わりに受け止めてくれたとも考えれます…
いずれにしてもいじらしいです、MYブレス…

はっ  …ここまで書いて、ふと思いだしました
そういやしょっちゅう切れてた人がいましたっけ…

その人は某習い事で知りあった人で、そんなに親しくはなかったんですが…
習い事の帰り。
皆が地面を舐めるように這いつくばっていましたので、誰かコンタクトでも落としたのかと思っていたら、いつもその人の切れたブレスの石探しをさせられていたのでした…(^^;)

私が知っているだけでも、1ヶ月に1度は切れていたような…
その現場に3回遭遇して、それ以外にも切れたと本人が話していたので、
「作った人がきちんとゴムを結んでなかったのでは?」
と密かに思ったものでしたが今振り返ってみると、どうもそうではなかったようです…

しばらくするとブレス切れは収まったのですが、なんだか当のご本人の様子が…
うまくいえないのですが…だんだんだらしなくなってきたのです。

それでもまぁ、そこまで親しくないので、あまり気にもしていなかったのですが、何ヶ月かたった後、別の人から、その人がDVの末、離婚していたことを知らされました。
その時期というのが、ちょうど頻繁にブレスが切れていた時期前後でしたので、なんだか妙に納得する出来事として記憶に残っていたようです。

いずれにしても、もしブレスが切れても縁起が悪いと心配するより、まずは自分のメンタル面(自分でも気づかないうちに我慢しすぎていないか、とか)を再確認する方が、結果的には幸せへの近道なのかも…と何となく思うのでありました…

               おはなはな



  ぽちっとよろしく
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント
>えりリ さま
こんばんは。
タイトルを見てびっくりしましたv-356
こちらにコメントされているということは大事にはいたらなかったとは思うのですが、大丈夫でしょうか…
ブレスが切れる理由はまちまちですが、持ち主の方の心的ショックを和らげるために切れることは多いようです。
状況がわからないので何と言っていいのかわかりませんが、一日も早く、また平和で穏やかな日々と心持が戻ってきますように…
[2016/07/14 23:59] URL | がねいし #- [ 編集 ]

殺人未遂に逢いました
先週、些細なことがキッカケで殺される1歩手前まで行ってしまいました。警察でもよく助かったねその顔の色は死んだ人の色だよと何人にも言われました。
翌々日、オーダーで作って頂き2年半ビクともしなかったブレスが突然大きな「ばちん!」という音と共にバラバラになってしまいました。犯人は近親者です。縁が切れるのか、それとも私の生命を守ってくれたのか...
[2016/07/13 23:56] URL | えりリ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ganeisi.blog133.fc2.com/tb.php/27-9e16e7e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

★レイキ ティーチャー           ★オラクルカードセラピー ・ プラクティショナー

がねいし

Author:がねいし
ブレス製作のサポーターのお一人である象頭の神ガネーシャ様と、大好きな天然石ののMIXが名前の由来です♪

★エネルギーワークを使ってパワーストーンブレスを製作致します。    今とちょっと先の未来を見据えた、あなただけのオリジナルブレスをいかがでしょうか★  【現在はお休み中】

         ☆ ☆ ☆
◆ブレスレット作成話◆石達との日々
◆身近な生き物(犬&ときどき人間)
◆スピ的モノやスピ的場所の紹介
       などなど…
~~~~~~~~~~~~~~
『パワーストーン☆がねいし』では、ネットショップに対し、普通の店頭販売のお店をリアルショップと表現することがあります。



カテゴリ



最新コメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

↑メールフォームは文字数が限られていますので、次回のお返事はメールアドレスの方へいたします。記載をよろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



現在の閲覧者数:



★かりうど(兄弟)ブログ【レイキ使い☆ももんが】



☆著作権について☆

『パワーストーン☆がねいし』におけるWebページ・ショップ・ブログ等で掲載する画像、デザイン、内容など、全ての著作権・創作物は作品の著者に帰属します。 権利者に許可なく、複製・公開・展示・頒布・譲渡・貸与・翻訳・転載・無断引用・変造などの二次利用はお断りします。



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。