パワーストーン ☆ がねいし 【オーダーメイド・ブレス】
オーダーブレス☆天然石 ときどき スピGOODS&パワースポット&犬
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレスは左右どっちにつける?
ブレスについて、
「普通、(左右)どちらの手首につける方がいいのでしょうか
と聞かれる事があります。

私は昔から自然と左につけていましたので別段考えた事はなかったのですが、聞かれてみて改めてなるほど…と思ったものです。

…というのも、私はどちらかというと右利き(子供の頃に半強制的に右にされたそうな… )なのですが、するとペンを持つ時、手首がごろごろして何かと邪魔ですので、ブレスは大抵左につけるものなのだろうと何となく思っていたフシもあります(^^;)

しかし周囲を見渡せば、左利きでも左手首につけている人もいますし、『アクセ兼魔除け』として外出時のみに身に着ける右利きの母をみてみれば、いつも右手首にしていました

聞けば、
「こちらの方が何となくしっくりくるから」
なんだとか。

そういわれて試しに右手につけてみると、私自身はなんだか収まり具合がよくなかったです(^^;)
握り石なんかも大抵、左に持っている事が多いし…

スピ的に言うと人体の左半分は女性性、右半分は男性性を司るとされています。
そして、女性性は受け取る側、男性性は与える側になります。

そう考えると、ブレスのパワーを自分の身に受け取りたい場合は左手首につけるのがいいのではないかと思います。
一方、ブレスの石のパワーを自分の外へ放出して周囲にアピールしたり、体内の不要なエネルギーを放出するサポートを望む場合には右手首が適しているともいえます。

パワーチャージは左手首、外へのエネルギー放出には右手首が効果的といった感じでしょうか…
(パワーチャージは利き腕と反対の腕、外へのエネルギー放出には利き腕が有効という見方もあります)

そう考えると、母が外出時に右側につけていたのは、
「アッピール
的な意味で、無意識にも意にそった事をしていたのかも…と妙に関心したりもしました(^^;)

…とはいうものの、基本的には自分にとって居心地のいい、しっくりくる側がベストなのではないかと思います。
自分の体の欲するところはわりと誰でも無自覚に分かっているものですから…


                 くらすた&たんぶる
                          クラスターの上のミニタンブルたち…


         
 ぽちっとよろしく
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ganeisi.blog133.fc2.com/tb.php/158-0fc47d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

★レイキ ティーチャー           ★オラクルカードセラピー ・ プラクティショナー

がねいし

Author:がねいし
ブレス製作のサポーターのお一人である象頭の神ガネーシャ様と、大好きな天然石ののMIXが名前の由来です♪

★エネルギーワークを使ってパワーストーンブレスを製作致します。    今とちょっと先の未来を見据えた、あなただけのオリジナルブレスをいかがでしょうか★  【現在はお休み中】

         ☆ ☆ ☆
◆ブレスレット作成話◆石達との日々
◆身近な生き物(犬&ときどき人間)
◆スピ的モノやスピ的場所の紹介
       などなど…
~~~~~~~~~~~~~~
『パワーストーン☆がねいし』では、ネットショップに対し、普通の店頭販売のお店をリアルショップと表現することがあります。



カテゴリ



最新コメント



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

↑メールフォームは文字数が限られていますので、次回のお返事はメールアドレスの方へいたします。記載をよろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



現在の閲覧者数:



★かりうど(兄弟)ブログ【レイキ使い☆ももんが】



☆著作権について☆

『パワーストーン☆がねいし』におけるWebページ・ショップ・ブログ等で掲載する画像、デザイン、内容など、全ての著作権・創作物は作品の著者に帰属します。 権利者に許可なく、複製・公開・展示・頒布・譲渡・貸与・翻訳・転載・無断引用・変造などの二次利用はお断りします。



月別アーカイブ



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。