パワーストーン ☆ がねいし 【オーダーメイド・ブレス】
オーダーブレス☆天然石 ときどき スピGOODS&パワースポット&犬
初めてのブレス(がねいし☆ルーツ)その③
前回から続きます。

当時、パワーストーンブレスは、まだそれほど一般的ではなかったように思います。

現在のようにアクセサリー感覚で誰もが気楽に身に着けるというよりは、ミステリー好きな、ややオカルト趣味的な感じで一部の愛好家が身に着ける印象があったように思います。

そこには現在の天使や女神さま的、スピリチュアル系の明るく煌びやか印象というよりはむしろ、どこかしらやや影のある暗めな印象が無きにしもあらず…ではありました。

…当時は摩訶不思議な未知のことといえば、スピリチュアルというよりは心霊現象でしたので、暗めな印象も時代の流れだったのかもしれません。

そんな感じですから、また一方では店内の様子もどちらかといえばそのような感じでしたので、ブレスにも同様な印象を持っても不思議ではなかったのですが…全然違っていました。

水晶とアメジスト…という比較的オーソドックスな石でありながら…そのブレスの石たちは輝きがとても明るく美しかったのです。

その頃はまだレイキのアチューンメントを受ける随分前でしたので、エネルギーワークを施した石というものは知りませんでしたし、エネルギー的なことも余り感じることもなかっただろうと思うのですが…そんな私であっても目を離せないくらい、明るく輝いていたのでした。

そんな私の様子に気づいた店員の女性の方が、
「そのブレスは熊本の○○さんが○○した、いい石なのよ」
とレジの奥から声をかけてこられたのですが、肝心な部分は何だったのかよく聞き取れませんでした。

が、今思うと、エネルギー的調整を施された石だったのかなぁ…と思わなくもありません。

結局、そのブレスは私の元にお嫁入りをし、長らく私の手首で輝くこととなります。
ゴムが切れて後は、再度、新たに他の石を追加し、自分で新生しましたが、やはりその時のブレスの石の輝きは美しいまま、今日に至っています

そんな風に、最初のブレスに強い印象があったせいでしょうか。

もともとランクの高い石は当然それ自体が良い輝きをしているのは道理ですが、そこにさらに浄化やエネルギーワークによる調整をすることの大切さがどこかしら頭にあったようで、『がねいし』をスタートするにあたり、真っ先に思いついたのが、
製作したブレスは最後に浄化&エネルギーワークをしよう
ということでした。

…そんなこんなの『がねいし』ブレスに影響を与えたブレスについてのお話でありました…(^^)
 
         
  ぽちっとよろしく
にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ganeisi.blog133.fc2.com/tb.php/1356-65541c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

★レイキ ティーチャー           ★オラクルカードセラピー ・ プラクティショナー

がねいし

Author:がねいし
ブレス製作のサポーターのお一人である象頭の神ガネーシャ様と、大好きな天然石ののMIXが名前の由来です♪

★エネルギーワークを使ってパワーストーンブレスを製作致します。    今とちょっと先の未来を見据えた、あなただけのオリジナルブレスをいかがでしょうか★  【現在はお休み中】

         ☆ ☆ ☆
◆ブレスレット作成話◆石達との日々
◆身近な生き物(犬&ときどき人間)
◆スピ的モノやスピ的場所の紹介
       などなど…
~~~~~~~~~~~~~~
『パワーストーン☆がねいし』では、ネットショップに対し、普通の店頭販売のお店をリアルショップと表現することがあります。



カテゴリ



最新コメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

↑メールフォームは文字数が限られていますので、次回のお返事はメールアドレスの方へいたします。記載をよろしくお願いします☆



現在の閲覧者数:



★かりうど(兄弟)ブログ【レイキ使い☆ももんが】



☆著作権について☆

『パワーストーン☆がねいし』におけるWebページ・ショップ・ブログ等で掲載する画像、デザイン、内容など、全ての著作権・創作物は作品の著者に帰属します。 権利者に許可なく、複製・公開・展示・頒布・譲渡・貸与・翻訳・転載・無断引用・変造などの二次利用はお断りします。



月別アーカイブ



リンク